トップページは下のロゴをタップ

寺田冷機
  • プロローグ
  • インタビュー
  • ヒストリー

貫徹主義の精鋭たち

なぜ働くのか

プロローグ 2011.3.11 ~記憶~

  • 嘘でしょ?って思ったよ。直すの、これって。
    大きな工場の地下に向けて自力で穴掘ってさ、
    レスキュー隊でも行かないでしょ。

  • 配管という配管が、すべてダメになっていた。
    25年間、水道関係の仕事をしていたけど、
    こんな酷い状態の現場はなかった。
    それでも、直さなきゃしょうがない、
    そう言い聞かせたね。

  • 一週間でどこまで出来るかなんて分からない。
    でも一週間しかないんだ。
    直すところが十あるのか、
    百あるのか見当もつかなかった。

  • 設計図を見たってダメなんですよ。
    もう崩れているんだから。

  • 今思うと、おっかないことしてたなって感じるよ。
    余震もそうだったし、地下だから酸欠とかもね。
    でも、あの時は「直すしかねぇ」って思ってた。

  • ひとつ配管が繋がると、水が出始める。
    じゃ、あの機械が動かせるね、って。
    本当にひとつづつ。そして徐々に機械が動いていく。
    ウチの職人入れ替わり立ち代り自分も含め全員でね。
    十人もいないよ。必死だよ。

インタビュー

インタビュー

インタビュー

インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー
インタビュー

History of TERADA 寺田 刀互 代表取締役社長